福岡県のパワースポット太宰府天満宮の天開稲荷神社・奥の院への行き方・参拝の仕方

福岡県のパワースポット太宰府天満宮の天開稲荷神社・奥の院への行き方・参拝の仕方

日本全国の神社仏閣をはじめとして、パワースポット巡りが流行していますが、これは日常生活で疲弊した体や心を癒されたい、自然や神様からエネルギーをもらって心身を浄化したいという気持ちの表れからででしょうか。

福岡県の多くの神社仏閣の中でも、特に有名な観光地といえば太宰府天満宮です。

太宰府天満宮は、学業の神様である菅原道真公を祀る神社として全国各地から参拝に訪れ、ゲン担ぎやエネルギーをいただけるパワースポットの一つと言われています。

 

そして、太宰府天満宮には、最近メディアでも話題となっているパワースポットがもう一つ。

それは天開稲荷神社と奥の院です。

本記事では、天開稲荷神社と奥の院への行き方や参拝の仕方について紹介します。




天開稲荷神社への行き方

太宰府天満宮の本殿の右に通り抜けできる通用口がありますので、通用口を抜けて茶屋の方に進みます。

天開稲荷神社への行き方

通用口を抜けると、下写真の看板があります。

天開稲荷神社への行き方

 

このお茶屋さんを右折します。

太宰府天満宮の本殿裏の茶屋

奥に階段が見えます。階段の方へと進みます。

天開稲荷神社への行き方

階段を上っていくと、天開稲荷大明神の幟が立っています。

人通りが少なくなり、お茶屋さんを横にさらに進みます。

 

少し進むと、坂道になり奥に赤い鳥居が見えてきます。

 

鳥居をくぐり、さらに進むと奥に階段が見える鳥居が登場します。



この鳥居をくぐって階段を上っていきます。

 

福岡のパワースポット・天開稲荷神社への行き方

 

鳥居の間隔が徐々に狭まって数が増えていきます。

風景も林から森、山の中へと変わっていきます。

福岡県のパワースポット・天開稲荷神社への行き方

急な階段には多くの鳥居があり、この階段を登り切ったところに本殿があります。

段々と厳かな空気に包まれていきます。

 

本殿に到着しました。

福岡県のパワースポットとして有名な天開稲荷神社本殿です。

天開稲荷大明神

参拝の仕方

天開稲荷神社は、一般的な神社の参拝方法と少し異なります。

大鈴の前には、12本の鈴があります。よく見ると干支です。

説明を読むと

参拝者の生まれの干支の鈴を鳴らした後に、中央の大鈴を鳴らすようです。

その後は、通常の参拝の仕方と同様に二礼二拍手一礼をします。

(本殿横の説明)



御利益

天開稲荷神社は、宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)という神様が祀られています。

この神様は、ウカノミタマはスサノオとオムオオヒメとの間に生まれた神様、またはイザナギとイザナミの間に生まれた神様と言われ、穀物の神様とされています。

五穀豊穣、諸産業隆昌、諸芸上達などその社名からも開運と幸運をもたらす神様として祀られています。

天開稲荷社は、鎌倉時代に総本山である伏見稲荷大社から宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)の御分霊を頂き、祀るようになったのがその始まりです。

 

奥の院

天開稲荷神社の本殿左に「奥の院」と書かれた木札が立っています。

そこには階段と鳥居ががありました。

パワースポット・奥の院

パワースポット奥の院

 

階段を上って最後の鳥居をくぐると、石の祠がありました。

こちらが奥の院です。

太宰府天満宮のパワースポット奥の院

内部は、とても写真撮影ができるような空気ではないので、していません。

天井が低いために自然と膝を着いて参拝します。

 

時間(徒歩)

天開稲荷神社・奥の院まで太宰府天満宮の本殿から徒歩15分ほどです。

 

最後に

太宰府天満宮の表参道や境内の人の多さから離れて、自然に囲まれた天開稲荷神社は空気も違うように感じます。自然からのエネルギーもそうですが、厳かな空気間に包まれてエネルギーを頂戴し、明日からの英気を養うことができました。

このようなスポットは太宰府天満宮の参拝目的では決して知ることができません。最初から天開稲荷神社への参拝を目的に行くことをお勧めします。そして、その場合は歩きやすい靴を履いていくことを強くお勧めします。




 

 

見どころカテゴリの最新記事