坂本八幡宮

太宰府天満宮から令和の地「坂本八幡神社」と大宰府展示館への行き方

新元号が「令和」に決定されるとともに、令和の由来となった万葉集に掲載された和歌を詠んだ大伴旅人の邸宅跡とされる太宰府市の坂本八幡神社が一躍脚光を浴びました。 まさに令和ゆかりの地と言われる神社ですが、普段は人がほとんどいない小さな神社であり、大宰府政庁から徒歩3分程度の距離に位置する小さな神社です。 本記事では、太宰府天満宮から坂本八幡神社へのアクセスについて紹介するとともに、梅花の宴のジオラマを […]