梅ヶ枝餅

太宰府天満宮の笠乃家で食べるランチ~梅ヶ枝ぜんざい

太宰府天満宮の参道に接する店頭で梅ヶ枝餅を焼いて販売する笠乃家は、店内でも食事を提供していますので、ランチにも利用できます。   店内 店内は京都の町屋を意識した和の内装ながら、ジャズやクラシックが流れる雰囲気が時間を穏やかにしてくれ、人混みで歩き疲れた脚を休ませるにはピッタリです。 黒い柱や内装の落ち着いた雰囲気に話が弾み、つい長居したくなる隠れ家的なお店です。   メニュー […]

太宰府天満宮の25日限定のヨモギ梅ヶ枝餅をどうぞ

学問の神様である菅原道真公を祀る太宰府天満宮の名物と言えば「梅ヶ枝餅」です。 25日限定の梅ヶ枝餅 通常はもち米とうるち米から作った白い餅なのですが、菅原道真公の誕生日(845年6月25日)と命日(903年3月25日)にちなみ、毎月25日にはヨモギが入った梅ヶ枝餅が販売されます。   25日を狙って太宰府天満宮を訪れることができたら良いのですが難しいですよね。   タイミングが […]

太宰府天満宮「小野筑紫堂」で食べる梅ヶ枝餅

梅ヶ枝餅は福岡県民なら嫌いな人はいないでしょう。と言っても、梅ヶ枝餅は、梅ヶ枝餅協同組合に加入する店舗でしか製造販売できないため、福岡県内のどこでも売っているわけではありません。 焼きたての梅ヶ枝餅は太宰府天満宮に行かなければ食べることはできません。 さて、今回は太宰府天満宮の表参道にある「小野筑紫堂」についてご紹介します。 私はこのお店に何度も足を運んでいるのですが、いずれも食べ歩きではなく店内 […]

太宰府天満宮「大樟館」の梅ヶ枝餅を食べ歩き

太宰府天満宮の名物「梅ヶ枝餅」は表参道に多く軒を連ねていますが、梅が枝餅のお店は参道だけではありません。 参道を太鼓橋の右手にある菖蒲池に沿って緩やかな坂道を上がると食事処「大樟館」があり、梅が枝餅の販売所が併設されています。 梅ヶ枝餅のほか店内では定食や蕎麦、チャンポン、カツ丼などを食べることができます。 大樟館からは、赤い太鼓橋、樟の緑、白や紫の花を咲かせる菖蒲池を臨むことができ、季節ごとの風 […]

太宰府天満宮に行ったなら「梅ヶ枝餅」(由来・金額・種類など)

福岡県の観光スポットである太宰府天満宮の名物の一つと言えば「梅が枝餅」です。参拝の前や終えた後にぜひ食べてください。食べ歩きやお土産に購入される方も多く、全国発送も可能です。参道だけでも10軒以上の店舗があり、焼き方もお店によって違いますので、食べ比べも楽しみの一つですね。 梅は入っていない 観光客の方からの質問で多いのは「梅が入っていますか?」というものです。梅が枝餅に梅が入っていると誤解されま […]